オススメできる手作りで出来ている革の小物のメリット

革は、動物の皮膚で、人間が利用できる状態になったもののことを言います。皮膚のままだと、時間が経過すればするほどに、人間と同じでダメージを受けやすい状態になります。そのため、様々な加工をして、丈夫な状態にしていきます。そんな「革」で出来た小物には、どの様な良いところがあるのでしょうか。合成皮革や人工皮革との違いは、とても長持ちするところです。長く使えば使うほど風合いが出てきて、自分好みのものに変化していきます。そして、どんどん柔らくなってきて、使いやすい状態になります。新しいものをどんどん買い替えるのも、ワクワクして楽しいものですが、1つの物を愛着持って使い続けることも、また楽しみのひとつなのではないでしょうか。子どもの成長のように、日々変化し続ける革製品を、大切に育てる感覚を楽しんでみるのも良いでしょう。

手作りの革の小物の良さとは何か

革製品の中でも、手作りの革の小物の良さは格別です。既製品の革の小物も、長く使えこめば愛着もわくし、望んだような風合いが出てきます。しかし、機械で生産されているので、これといった思い入れの強さが弱いような気がします。それに比べ手作りの小物は、作り手の思いや感情、そしてセンスが反映されやすいです。ましてや、自分のオーダーメイドの革の小物などは、この上なく思い入れの強いものになるのではないでしょうか。作者の思いと、自分の希望が融合して1つの作品になるため、愛着の湧き方が半端なく大きなものになるでしょう。他では販売していない、自分だけのものを制作して手に入れることは、この上ない幸福なのではないでしょうか。人は愛着のあるものは大切にしやすいです。物を粗末に扱わない気持ちを生み出すことも手作りの革の小物の良さなのではないでしょうか。

革の小物の性質を良く知ると長持ちする

革の小物は、とても水分に弱いのです。そのため、水にぬれると、色落ち・退色や形状の変化、シミやカビなどが発生します。仕様前には、必ず防水スプレーを使って予防すると良いでしょう。しかし、あえて色落ちや退色を楽しむのも良いかもしれん染料染めをすれば、さらにオリジナルな革小物を手に入れることができるでしょう。水に弱いこと以外には、温度変化に弱い事です。温度変化に弱いため、高温な夏などは、保管方法に慎重にならなくてはいけません。温度変化に対する耐性が弱いので、高温の場所に長時間保管すると、形状が変化してしまい、せっかくの手作りの革小物も台無しになりかねません。お気に入りの1点物を大切に使い続けるためにも、細心の注意を払いながら使用することはとても重要なことですので、お気に入りのものが手に入った時には、是非気にしてみてくださいね。